野菜に含まれている酵素

最近では酵素ドリンクというものが流行っていますが、価格を見るととてもではないけど買い続けることが出来ないという声は多くなっています。無理に酵素ドリンクから飲まなくても、実は普段食べている食事の中にも酵素が含まれているものが沢山あります。

酵素はどうしても熱に弱いという特徴があるため、野菜や果物など生食で食べることが出来る食材には食べる時点で酵素が含まれている酵素をちゃんと食べることがおすすめです。野菜にはどのような酵素が含まれているのでしょうか。酵素がたくさん含まれているとして有名な野菜、大根のケースで見てみましょう。

大根にはアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼといった分解酵素が含まれています。アミラーゼは糖質を分解する酵素、プロテアーゼはたんぱく質分解酵素、リパーゼは脂肪分解酵素です。大根おろしをいろいろな食べ物に添えることが多いのは、このようなさまざまな分解酵素があるためということができます。

キャベツも生食で食べることが多く、揚げ物に添えられることが多いのは、キャベツにもアミラーゼやプロテアーゼなどを豊富に含むためでもあります。さらに、酵素の働きを助ける補酵素も多く、胃薬としても有名なキャベジン(ビタミンU)を非常に多く含んでいます。